読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごった煮イマジネーション

140字じゃ足りないあれこれ。

2016年5月10日(火)の日記

転職活動が終わった。

1月半ばくらいから転職エージェント会社に登録してから4ヶ月弱かかった。

セオリーとしては在職中に転職先を決定して、離職期間無しで次の会社へうつり、大体3ヶ月間くらいでそれをこなすものらしい。

私の場合、前職では平日に有給を使うことがなかなか難しく、定時が18時でそこから着替えないといけなかったので、

在職中にばりばり面接を入れることが困難で、転職先が決まるより退職日の方が先に来てしまった。

 

転職エージェントを通すと、履歴書を都度郵送したり、企業の採用担当者の方と何往復もメールをやりとりしたり、といったことがなく、

最初にフォーマット通りの履歴書と職務経歴書を渡しておけば、企業から手書きの履歴書を欲しいと言われないかぎり対応してくれるし、

面接のスケジュールは、エージェントに対して候補日に◯✕で解答するだけなので、凝ったメールを作成する必要はなかった。

私は気合いを入れれば入れるほど履歴書を誤字しがちなので、このシステムは大変助かった。

 

新卒の時は本当に視野が狭く、業界と職種をかなり絞って活動していたし、考えも浅かったのが面接の際に露呈して結果的に落ちまくりだった。

転職活動を通じて、試行錯誤しながらも、ようやく自分の中でどういうところで働きたいのかがぼんやりと見えてきた。

また、結構色んな規模の色んな業界をぽつぽつと受けてみたので、普段接することのない業界の人に触れることが出来て面白かった。

エージェントさんと面接対策をする中で、前職で経験した仕事の中で自己PRに使っていった方が良いエピソードも掘り起こしてもらい、

あがり症なのでがっちがちの状態で受けていた面接も転職活動後期になる頃には割と堂々と話せるようになったと思う。

形式ばった面接はどうしても私は緊張してしまうようで、『あなたの強みを聞かせてください』なんて真面目な顔で言われると、

素直に答えるというよりは口上を読み上げるようになってしまい、後悔してしまうのが常なのだけれど、

中途採用の面接はどちらかというと会話形式で『なんで◯◯したんですか〜?』くらいのテンションで話してくださる方が多く、

そういうところでは割と話している間にどんどん乗ってきて、自分の中で推せるポイントみたいなものも出せた気がする。

 

前職は制服(事務服)があったので大学生時代と全然変わらない服装で出勤し、ロッカーで着替えていたが、

次の職場はオフィスカジュアルなのでそういうテイストの服をたくさん揃えないといけない。

ぱっと思いつくのはNATURAL BEAUTY BASICINGNIだけれど、世の25歳のオフィスカジュアル勢はどういうところで買っているんだろう。