読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごった煮イマジネーション

140字じゃ足りないあれこれ。

2016年4月30日(土)の日記

新世紀エヴァンゲリオン』の漫画版の最終巻を買った。

発売されてから既に1年半ほど経っているのだが、何となく気後れしてしまっていた。

私がエヴァに触れたのは中学生の頃で、J-COMを契約していたので、キッズステーションかアニマックスかどちらか忘れたが、

とにかくアニメ専門チャンネルで一挙放映があった際に、今となっては嘘のようだがビデオテープに録画してまで、TVシリーズと旧劇場版を観た。

NHK教育で幼少期から小学校低学年にかけて『飛べ!イサミ』『YAT安心!宇宙旅行』などでアニヲタとしての土台が着々と耕され、

小学校4年生の時に導入されたJ-COMにより、『らんま1/2 熱闘編』や『CLAMP学園探偵団』を延々と見続けることですくすくと芽が出、

さらに『月刊ニュータイプ』の洗脳により、90年代を代表するアニメであるエヴァを観ないわけにはならないという謎の使命感を得たのだ。

パイロット達が同年代だったこともあり、割と感情移入しながら観ていたような気がする。

あまり評価されていないTV版の最終回でも、パイプ椅子から立ち上がるシンジくんに勇気づけられ(?)泣くほどだった。

旧劇場版は旧劇場版で、多感な時期に観るには衝撃のラストだった。

そうしてエヴァをあらかた消化した2年後には、新劇場版の制作が発表された。

まさか劇場でエヴァあらためヱヴァをリアルタイムで観ることになるなんて、全然思っていなかったし、

さらにいうと社会人になって数年過ぎた今でも新劇場版が完結していないなんて高校生当時の私は想像していなかった。

作品全体として10年以上の付き合いがあるが、TV版、旧劇場版、新劇場版、そして漫画版でそれぞれストーリーは違っており、

果たして漫画版ではどういう風に着地するのか、冷や冷やしながらページを繰った。

詳しい話はネタバレになってしまうので控えるが、貞本氏なりの『エヴァの結末』を読むことが出来て良かった。

あとは、新劇場版を待つのみ。

 

IngressのSojournerメダルのオニキス目指して挫折3回目。

Ingressをご存じない方にご説明すると、位置情報を元に世界中で行う陣取りゲームのようなもの。

興味を持たれた方は是非ご一報下さい。

Sojournerメダルのオニキスは、360日連続でIngressをプレイしないともらえないのだが、私は一度240日くらいで挫折してしまい、

その後頑張って100日経過していたのだが、今日気づいたら7日になっていたので、どこかでプレイ間隔が24時間を超えてしまったらしい。

気長に行こうと思うが、Pokemon GOが正式リリースされたらサービス自体終了なんてことにならないように、今から天に祈っている。